いくら請求できるのか

パートナーが不倫をしていることがわかり、慰謝料請求をすることになったとして、一番気になるのはやはり金額ではないでしょうか。

慰謝料の相場は50~300万円といわれていますが、最低額と最高額で250万円開きがあると、自分の場合はどうなるのかますます気になってしまうという人もいるでしょう。

慰謝料の金額は、不倫によってその後どういう道を夫婦が進むのかによって違ってくるのが一般的です。まず一番慰謝料の金額が高くなりやすいのが、不倫が原因で離婚をするケースです。

この場合には、200~300万円の慰謝料になることが多くなっています。

次に多いのは不倫のせいで夫婦が別居をすることになったケースです。このケースでは、100~200万円の慰謝料になることが多いです。

そして最も金額が低くなることが多いのが、離婚も別居もすることなく、夫婦関係を続けていくことに決めたケースです。

この場合では50~100万円の慰謝料になるのが一般的です。なお、上記の金額は裁判になった場合のもので、裁判をせずに不倫した側との交渉で解決する場合には、上記以外の金額での解決になることもあります。実際の慰謝料の交渉では婚姻期間や精神的苦痛、子の有無などさまざまな要素が考慮されることになるため、増額をして適正な慰謝料を請求したい人は、実現のために尽力してくれる弁護士の力を借りましょう。

「行政書士との違い」